素人ナンパ GET!!番外編 No.192 あの京都炎上美人と再び!!「あいつ今何してる?」と思ったら奇跡の巨乳、美人姉妹で現れた! 驚異のおもてなしスプラッシュでシリーズ大改革! 童貞棋士と絶倫オヤジ棋士と巨乳女流棋士 まわれまわれ王手!メリーゴーランドギャングバング!!

2016年03月01日更新 プレアイドル星野いづみ☆昭和40年男の独り言 其の五

4b1757eb-s
今回ご紹介するビデオは2006年発売の「若妻の味」。 主演の瀬名涼子という女優さんと、 僕は20年ほどまえにお仕事をしたことがあった。
僕がエロ本をつくっていた1990年代の話で、 当時は「Cream」(ミリオン出版)に代表される「お菓子系」雑誌全盛の時代。 件の瀬名涼子さんは、星野いづみという芸名で、 原宿のカフェ・クレープという事務所に所属していた。 僕は水着のグラビアで彼女をキャスティングしたのだった。 当時のギャラで、水着グラビアが6万、下着が7万。 ヌードだと9万~が相場だった。
21d67030-s ▲星野いづみが表紙の「Cream」1995年7月号
水着のグラビアといっても、 お菓子系雑誌のばあい、制服・ブルマ・スク水がセットになり、 追加でビキニが何点かという内容である。 朝の9時にスタジオ入りして、夕方までたっぷり時間をかける。 ヘアメイクもつけ、場合によってはスタイリストも雇う。 誌面で6~7ページのグラビアにするには、 最低5パターンの衣装を自然光とストロボで撮っていく。
被写体になる女の子は、大手の芸能プロには所属していないティーンモデル。 言ってみれば素人以上アイドル未満というやつだ。 プレアイドルなる新語の流行した時期でもあった。 僕がつくっていたのは「おじょう」という後発の雑誌で、 「すっぴん」(英知出版)や「Cream」をライバル視していたから、 「Cream」で人気のあった星野いづみはどうしても撮りたいモデルだった。
その星野いづみが桃太郎の「若妻の味」では、 年相応というべき?人妻に扮して、 当時はビキニでかくされていた乳房を惜しげもなく晒し、 AV女優として見事な絡みを披露しているのだ。 10年の時間が経過したとはいえ、 なんともなぁという気分なのである。
72517c6d-s ▲「若妻の味」より。加齢しても水着時代の美貌は温存?
戻る